大学の先生でも全然違う。非常勤講師と専任教授

授業で大学の先生がこんなことを言っていました。

 

「大学の先生になりたい人は目指せばいいと思います。

 

ただ5年間非常勤講師で頑張って専任教授になれなかったら、

 

あきらめて別の仕事を探したほうがいい。

 

非常勤で大変な先生をたくさん見てきましたから。」って。

 

気になって少し調べてみました。

 

 

 

 

toyokeizai.net52歳の非常勤講師の方の体験談です。

 

複数の大学で週5コマを担当。雑誌への執筆や専門学校での集中講座などを合わせて、ようやく年収200万円ほどになるそうです。

 

同世代の専任教授で担当するコマ数が同じ場合、給与はおおむね5倍だといいます。

 

 

 

 

biz-journal.jp

この記事でインタビューに応じられている非常勤講師の方によると、専任教授の平均年収は600万円前後だそうです

 

ただし非常勤講師は保険料が自己負担の国民年金国民健康保険しか入れないうえ、学会への出張費などの研究費用もすべて自己負担。

それに比べて専任教授は、保険料を雇用主と折半できる共済年金社会保険に入れるし、勤務先から研究費も支給される。

非常勤と比べると、年間5~6倍位の差があるんじゃないかと。

 

 

 

 

gendai.ismedia.jp

この記事では、法改正によって、非常勤講師と専任教授の不合理な労働条件の相違が問題化することを恐れて、非常勤講師の代表者の意見を聞くことなく、規定を作り、専任教授との業務内容の差を明確にし、それを認めさせようとした。

その規定も非常勤にとって、雇い止めや、授業の上限といった不利益を被るものだったということが書いてありました。

 

ちゃんとした手続きをせずに規定を作り押し付けることは違うのではないかと思います。

 

非常勤と専任教授で週に4コマと仮定した場合、給料もおよそ10倍も違うそうです。

 

 

 

 

f:id:himawaridays:20180916120530j:plain

所得格差がひどいとは思います。年収200万ほどだと絶対生活していけないですし。

 

うちの大学の先生もいくつかの大学の授業を掛け持ちしていると言っていました。

 

もちろんこれが現状なのでほかの収入源を作っておかなければならないと思います。

 

大学の非常勤講師の仕事だけするのは危険だと思います。

 

ただ所得格差の面だけ見たら、専任教授と非常勤講師の差がこんなにあるのは違うんじゃないかなと僕は思います。

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました。ひまわり

 

 

 

 

コンタクトにしたら世界が変わった話

コンタクトって最初めっちゃ怖くなかったですか?目に異物を入れるんですよ。

だから僕はなかなかコンタクトに踏み切れませんでした。

 

最初眼科でコンタクトをつけるとき、両目のコンタクトをつけるのに1時間かかりましたね。

相当チキン野郎ですね。笑

けどコンタクトにしてからはとても快適で、ちょっと世界が変わったよって話をしたいと思います!

 

f:id:himawaridays:20180915145921j:plain

僕は高校生の頃から視力が悪かった。
勉強するときは眼鏡をしていたんですけど、日常生活でも支障をきたすようになってしまったので、スポーツもしていたし、眼鏡ではなくてコンタクトをつけ始めたんです。

僕はその時、視力が0.1くらいしかなかった。
なぜか当時は眼鏡をするのが嫌で、外で眼鏡をかけることをしませんでした。笑
だから外の街並みとかは常にぼやけていたし、人の顔も目の前に来ないと分からなかった。

相手からしたらじっと顔を見られるわけなので、変なやつだとおもわれていたに違いない。笑
 
 コンタクトをつけるようになって、外の景色がはっきりと見えるようになってから、いいことがたくさんありました!
 
まず人の顔がしっかりと見えるようになった!
 
コンタクトにするまで、人の顔がいつもぼやけていました。よく見えていませんでした。
コンタクトにすると遠くの人も認識できるし、表情もわかるので、とてもいいです!
僕の思っていた顔とちょっと違う顔のやつもいたりいなかったり。笑
 
 
綺麗な景色を見れるようになって感動した!
 
日常の様々な景色が綺麗に感じるようになりました!夕方の帰り道とか、夏の快晴の日の空とか。これはとても感動したし、僕にとっては大きなことでした。
外の世界が鮮やかになりました!
 
 
 相手と一緒に楽しめるようになったのはよかった!
 
これが一番大きいです。
正直、遊びにいっても友達が見ているものがはっきりと見えないことがありました。例えばディズニーに行くとパレードとか全然見えませんでした。
けどみえているふりをしていましたね。
そういうのって結構疲れるんですけど、同じことで感動できるのはとても楽しいし、嬉しかったですね!


こんな感じで言いたいことは、見えるっていいなってことです。笑
視界がはっきりするってこんなに素晴らしいことなんだなって思いました。
目で見て感じれることが多くなりました。
だから目が悪い人は眼鏡をかけるか、コンタクトにした方がいいです。
ぼやけているよりも素晴らしい、鮮やかな世界が待っていると思うので!

今日も読んでいただき、ありがとうございます!ひまわり




知ることで楽しめる!

 僕はつい先日、美術館に行きました。

大学の授業のレポート課題で行かなくてはいけなくて。

 

その時美術には全く興味はなかったけど、「少しは勉強してからいかないとレポート書けねーな」と思って、絵画の本を読んでから美術館に行ったんです。

 

続 名画を見る眼 (岩波新書 青版 E-65)

続 名画を見る眼 (岩波新書 青版 E-65)

 

 この本を一通り読んでから行ったんです。

 

西洋美術鑑賞の懇切な手引きとして好評の『名画を見る目』の続編。

本書では、モネ以後の近代絵画の名作を取り上げて、その題材、表現方法、技術、歴史的・思想的背景などを解説する。

印象派後期印象派をはじめ、素朴派、立体派、表現主義などの諸潮流から印象絵画まで、その精華を紹介しつつ、豊かな美術の世界へと読者を導く。

このような本です。興味のある方は是非読んでください。

美術を全く知らない僕でも読み切ることができました。

画家さんのそれぞれの作品を紹介しながら説明してくれるので、分かりやすかったです。

 

知っていると面白い。

 

自分の興味のないことでも少し知識をつけることで、変わってくることってあって。

今回の僕のこの経験がまさにそうで、美術を全く知らなかった僕でも、この本の中に出てきた画家さんの絵が展示されてると、

 

「この描き方、本で言ってたのと確かに同じだ!」

とかわかる部分が多少なりとも出てくるんです!

 

特に有名なモネの作品とかはこの描き方、確かにモネっぽいなとか思ったりするわけです。笑

 

意外と絵を見るの楽しかったです。

近代以前の絵も、本を読んでから見に行きたいと思っちゃいました!

 

名画を見る眼 (岩波新書)

名画を見る眼 (岩波新書)

 

 

知らないで、つまらないと決めつけるのは簡単です。

けど、少しでも知っていることで、面白くなることがあります!

 

f:id:himawaridays:20180914003132j:plain

例えばサッカーでも全くルールを知らないで観戦しても面白くないです。

少し勉強してから見ると、きっと解説の人が言っている内容も頭に入ってくる。

 

イケメンの選手をピックアップするとさらに興味が出てくるかもしれません。笑

 

 

こんな感じで先入観だけにとらわれすぎずに、1回でも調べてみたり、少しでも興味がわいたら、体験してみたり、足を運んでみたりすると、新しい世界が広がるんじゃないかなと思います!

 

ぼくもこれからは、友達が面白いと言っていて、自分が興味のないことでも、一回はググってみようかなと思っています。

 

芸術の秋、一緒に楽しみましょう!!

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました。ひまわり

 

 

 

 

 

なぜ高校野球は坊主なのか分からない

僕は高校まで野球をやっていました。

 

プロ野球もテレビ中継があれば見ますし、今年も高校野球をテレビで地方予選から甲子園大会までずっと見ていたし。

 

特に今年の甲子園大会は大阪桐蔭高校春夏連覇を果たし、金足農業高校が劇的な勝ち方で決勝まで勝ち進み、全国に金農旋風を巻き起こしました!

 

f:id:himawaridays:20180913205920j:plain

 

高校球児は坊主が多いと思います。

しかし今年の甲子園には坊主ではない高校が2つありました。

1校目が北神奈川代表の慶応高校、2校目が旭川大高校です。

周りの高校が坊主の中、短髪の高校生がいるのがなんだか新鮮でした。

 

僕の住んでいる周りの中学校でも、スポーツ刈りくらいの髪の長さの子が野球カバンを持っているのを見かけます。

最近は坊主を強制しないチームも増えてきたのかなと思います。

 

僕は髪形は自由でいいと思うんだけど

 

僕は正直坊主がとても嫌でした 

 

嫌だった理由

  • 髪形でおしゃれができなかった
高校生ならおしゃれの1つや2つしたいと思います
ワックスなどをして、髪を整えている同級生を見ると羨ましかったです。笑
 
  • 強制されている感じがして嫌だった
高校野球は坊主じゃなきゃいけないと言う強制感があって嫌でした。
なんで野球をしているだけで坊主にしなきゃいけないのか分からない。
 
 
僕は髪型は自由にすればいいと思います。
だって中学や高校でいませんでしたか?
坊主だから野球部入るのやめた友達。
僕の周りにもいました。
 
こういったことも野球の競技人口を減らしていると思うんです。
 
 僕の学校ではサッカー部の方が圧倒的に多かった。
 
サッカー部のほうが強かったからという理由も多少はあると思いますが、僕は野球部の方が規制が色々厳しかったからだと思います。
ジャージのチャックは一番上まであげなきゃいけないとか、校則には明記されていないルールがたくさんありました。
学校にはそんな校則ないのになぜか野球部だけしなくてはいけない。
 
きっちりしなければいけないのは分かりますが、堅苦しいので、ちゃんと着ていればチャックは一番上まであげていなくてもいいと思いますし。
 
校則がしっかり守られていれば僕はいいんじゃないかなと思うんです。
 
だから髪型もその学校の校則をまもれていればいいと思うんです。
髪が長いのが嫌な人は坊主にすればいいと思うし、長いのが好きな人は長ければいい。
 
大人の人は昔からそうだったからとか、自分の時もそうだったからとかではなく、一度考え直した方がいいと僕は思います!
 
それでも野球は楽しいです!
今でもたまに友達とキャッチボールとかしますし。
だからもっと中学や高校ではそういう昔からあるルールみたいなものを取り除いてあげるといいと思うんです。
 
 
以上高校時代に野球部のいろいろな規則に苦しんだひまわりでした!
 
最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

真っ直ぐに見える人ってかっこいい

おはようございます!

 

今日書きたいことは真っ直ぐに映る人ってかっこいいなってことです。

 

朝からYouTubeを見ていました。

 

僕は「この歌手が好き」っていう感じじゃなくて、「その歌手だったらこの歌が好き」って感じなんですよ!

 

だから好きな歌手とかはそんなにいないんですけど、朝からいろんな歌を聞いていたら、かっこいいなと思う曲があって、ブログを書いてます!

 

エレファントカシマシの『風に吹かれて』がかっこいい!


風に吹かれて

 

 

https://www.uta-net.com/movie/9994/

 

偶然再生しました。 

 

ただただかっこいいという印象です!

 

エレファントカシマシというバンドは知っていました。

「悲しみの果てに」「今宵の月のように」の2曲だけですが。

 

僕は音楽もエレファントカシマシというバンドも詳しくありません。

 

リズムとかテンポとかそういうことは全然知らないですし、エレファントカシマシがいつデビューして、いままでにどんな曲を出しているのかも知りません。

 

知らないけどこのバンドの曲をもっと聞きたいと思った一曲でした!

 

好きなタイプ

http://www.elephantkashimashi.com/fc/image/img/ph_main_201507_re.jpg

www.elephantkashimashi.com

 

僕がこの曲を聴いてかっこいいなと思った理由って、歌がかっこいいなと思ったのも間違いなくあるけど、ボーカルの宮本浩次さんが真っ直ぐに歌詞を届けているように見えたからだと思うんです。

 

熱い人のように見えた。

 

気持ちの表現の仕方って様々だと思うんですけど僕は言葉や表情に表れている人が好きです。

 

多分僕がすぐ表情に出ちゃうタイプなので、似たような人が好きなのかなと思います。

 

もっとエレファントカシマシの曲を聞いてみたいと思います!

 

おすすめおれば教えてください!

 

ひまわり

 

 

 

 

 

 

親を選べないように生まれる場所も選べない

僕たちって恵まれてるなーって思うんですよ。

親がいて、食べるものがあって、住むところがあって、学校に行かせてもらえて、きれいな服を着ることができる。

これってきっと当たり前のことではなくて、世界的にみるとすごくラッキーなことなんだと思います。

世界中を見渡せば、親がいなくて、1日1食しか食べれなくて、衛生環境がなっていないところに住んで、勉強もまともに出来なくて、読み書きできない子もいると思うんです。

僕が大学に通えていることも幸運なことです。

日本に住めているだけでラッキーなことです。

 

 貧しいスラム街の少年のお話

 

今日スラムドック・ミリオネアという映画を見ました。

アマゾンプライムをいじってたら、無料だったので。

アカデミー賞で作品賞も受賞してる作品だったのは、こうしてブログを書いている今知りました。日本でもこんな番組やってた気がするんですが。みのもんたさんが。

 

 

 

内容としてはクイズを解いていくと賞金がもらえます。最後まで間違えずに解き切ると2000万ルピー、大金を手にできるという内容です。

その解答者はインドのスラム街出身で、その問題の1問1問がその解答者ジャマールのスラム街での壮絶な幼少期とかかわっているという感じです。

描かれているスラムでの生活は悲惨です。みんな生きていくためだとは思いますが、盗みや殺しの場面もあります。

そんな悲惨な生活の中での一途な恋愛も描かれています。一途な男は万国共通でかっこいいです。

見て損はしない作品です。

 

日本に生まれた人は運がいいと思う

 

海外には1度しか行ったことがありません。もちろんインドもないです。

だけど少なからずこの映画を見ると日本っていいなと思います。

 

もう10年近く前の作品ですし、インドもここ10年で発展していると思うんので、今のスラム街がどうなっているのかはわからないんですけど。

スラム街に行った方のブログなどあれば読んでみたいです。

 

f:id:himawaridays:20180911184417j:plain

 この写真はフィリピンのスラム街です。インドの写真が見当たらなくて…

 

インドに行きたいとは正直思わないし、何かできることって少額な募金くらいかなと思います。

生まれるところって選べないし、正直運だと思うんです。だから恵まれている僕たちはその人たちの分まで頑張って生きなきゃいけないという義務もないと思うけど。

 

やりたいことができる環境だからやろうとは思います。スラムの子たちはやりたいことがあってもできないと思います。それは環境のせいが大きいと思います。

だけど僕たちが環境のせいにはできない。ご飯食べれて、住むところあって、義務教育で学校行けて、ネットにアクセスできる人がほとんどだから。

 

今日も読んでいただきありがとうございます

ひまわり

 

 

 

 

 

 

真逆だった高校時代の友達

こんにちは!ひまわりです!

今日はいろんな人と出会ったほうがいいなと思った僕の体験を書こうと思います。

 

人が人を変える

高校時代の友達

僕は今大学生だが、高校時代とても魅力的な人に出会った。

なぜ魅力的に感じたのかはわからないが、たぶん今までに出会ったことのないタイプの人だったからだと思う。

 

最初のイメージは全然よくなかった。笑

僕はどちらかと言うとそれまで特定の人としかコミュニケーションをとらないひとだった。

だから自分と同じ部活とか同じクラスで、みんなの前ではおとなしい感じの人と仲良くなることが多かった。「類は友を呼ぶ」というやつかもしれない。

 

そいつは僕とは真逆で、クラスが変わった初日からみんなに話しかけて回るような奴だった。

だから最初は、正直こういうやつといると疲れそうだなと思った。

最初はそんな風に思っていたのだが、席が近くなったこともあり、一緒に弁当を食べるようになり、ほんとになんとなく仲良くなっていった。住んでいる場所も近いことがわかり、頻繁に遊ぶようになった

 

魅力的な部分

そいつと仲良くなっていくと魅力的な部分をたくさん感じれた。自分と正反対な部分って魅力的に写るのかなって思う。

 

まず、自分の意見を主張する。違うと思ったら否定する。だから敵もつくりやすい。笑

そいつは一度自分の意見を言ったら全く意見を変えようとはしなかった。たとえ僕が聞いていて絶対違うだろと思うことも。だからよくないところもある。笑

だけど誰に対しても、たとえその相手が先生であっても自分の考えをしっかり言うことができるところが僕には魅力的だった。

 

そして誰に対しても態度を変えようとしなかった。誰に対してもフレンドリーだった。

とにかく人と距離を詰めるのが早かった。だからそいつのことを苦手に思っている人も少なからずいたんじゃないかなと僕は思っている。笑

だけどみんなと交流しようとする姿勢は僕になかったので、すごいなと思っていた。

 

最後に他人の悪口を僕の前で言ったことがないことだ。

人の悪口の1つや2つ、人に言ってしまうものであると思う。けどそいつが僕の前で同級生や友達の悪口を言っているのを聞いたことがない。(本人に直接ずけずけ言っていることはよくあった笑。ただ最後は必ず笑って楽しそうに話して終わっていた。)

僕が悪口を話してもそれに乗っかってくることってなかったなと思う。これって今考えると、すごいこと!

 

自分を持つこと

高校を卒業してからそいつとはほとんどあっていません。お互いバイト、サークルで忙しくて。

僕がそいつと出会ってから変わったことってたくさんあるんだけど、1番はやっぱり自分を持つってことだった。

自分の軸を持って生活していきたいと思った。

けれど僕はそいつみたいに強く多少強引にいくのが僕の軸でないなと思った。

自分の軸は自分で決めていきたいなって!

なかなか定まっていないですけど。

 

歌手のGACKTさんは自分ルールを決めて実践しているそうです。街できれいな女の人を見かけたら必ず「きれいだね」と話しかけるとか。

 


【Gacktさんの自分ルール】可愛い女性を見かけたら必ず声をかける!

さすがに僕にはこのルールはできないかな。

でも思い立った瞬間に行動をとるというGACKTさんのルールは実践していきたいなと思いましたね!

自分で自分自身のことをきめることによって、自分の意思を持つことができるんじゃないかなとおもいました。

 

いろんな人と出会うことで考えることっていっぱいあるので、これからも人との出会いは大切にしていきます!

 

ひまわり